初亀

2009年2月 9日 (月)

べっぴん

「初亀」の新製品です。

兵庫県東条町産の山田錦100%使用の純米吟醸です。

55%精米で、酵母は静岡NEW-5です。

「べっぴん」の名称は、以前から「S門の会」の専用商材として使用されてきました。

今回地元発売に当たり、中身もリニューアルして辛口になりました

NEW-5で低温発酵させ、+10.0までにしてあります。

飲んだ印象は「スッキリ、爽やか」

香りも穏やかで、まさに「食中酒」にピッタリです。

日本酒度が+10もあると、かなり辛く感じるのかと思っていましたが、

実際は穏やかな印象で、切れのある純吟です

数に限りがありますから、どうぞお早めにお求めください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

初亀「亀丸」

初亀の製品の中では「新顔」です。

特別栽培米の「五百万石」で造った純米吟醸です。

正直、昨年飲んだ時の印象は「普通」でした。

今年は限定で「生」を出荷してくれるというので、

早速注文して飲んでみました。

「ゲッ

旨過ぎ

自分だけでは安心出来ないので、酒友とチェック

やっぱり「バカ旨」でした

これは自信を持って売れる製品だと思い、早速追加注文しました。

でも、720mlは完売

1.8Lもあと少しとなりました

BAR用と自分用を確保しておかなきゃ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月 9日 (火)

『滝上秀三』

「初亀」から発売されている純米大吟醸『滝上秀三』。

山田錦の特A地区である兵庫県東条町産の特上米を、

35%まで磨いて醸しています!

人によっては、あの『亀』よりも旨いと言われます。

『亀』と『滝上秀三』の規格がほぼ同じなので、

『滝上秀三』の事を「寝てない『亀』」と呼んだりします。

もちろん、実際には微妙に違うのでしょうが。

その『滝上秀三』も今年限りです。

理由はもちろん滝上秀三杜氏の引退です!

それを知ってか、今年は『滝上秀三』の動きが早いような気がします。

自分の分を確保しておかないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

初亀蔵情報

昨日、「初亀」の橋本社長がバーにいらしてくださいました!

名杜氏瀧上秀三氏のあとを継いだ西原光志杜氏。

若さを生かし、非常に精力的に働いていらっしゃるそうです。

仕込みは3月まで続く長丁場ですから、途中でダウンしないか心配です。

これまで以上に手を掛けて造っているので、

当然美味しくなるとおっしゃっていました!

期待したいでーす!

明後日28日に、「しぼりたて原酒」が発売されますからね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

大人気です!

初亀の「亀印吟醸」の生酒。

火入れしたレギュラー物に比べ、格段に薫り高くフルーティ!

大人気です。

リピーターも多く、まとめ買いされる方も。

かく言う私も、酒好きの友人に送ったりしています。

「初亀」の製品は、酒質が安定していて安心です。

こういった季節限定商品が多いのも、

この蔵の特徴であり、魅力の一つです。

もう少し在庫があります。

お早めにお求め下さい。

なお、来月には「吟醸原酒」が、

3月には「無濾過生原酒」が発売されます。

それぞれ数に限りがありますので、

予約される事をお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

生酒

P1010034

この時期の限定品、「亀印吟醸」の生酒です。

レギュラーの「亀印吟醸」を「火入れ」しないで出荷します。

これがまた美味!

今日も購入されたお客様から、夜に電話が。

「メッチャ美味だから、あと2本予約ね!」

有難い事です。

自分の分も確保しておかないと・・・。

(^_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

初亀蔵情報

昨日、「初亀」の橋本社長とお話しする機会がありました。

この時期ですから、話題は当然「造り」の方に。

その中で、新しい情報がありました!

今年から、瀧上秀三杜氏の下で「頭」をやる方が来たとの事。

しかも30代前半の若い方だそうです!

まだお会いしていませんが、

その若さで「頭」が務まるのですから大したものです。

瀧上杜氏の後継者になってくれるといいなぁと、

勝手に期待してしまいました!

(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

初亀醸造

いつも仕込み水を頂きに行く「初亀」。

今日は、瀧上秀三杜氏とお話しできました!

1年振りに交わす言葉。

やはり緊張します。

それでも瀧上杜氏は優しいお言葉を掛けて下さいました!

仕事にはとても厳しい方ですが、

とても素朴で、人間味のある魅力的な方です。

まだまだこれからの今シーズン。

長丁場ですが、体に気を付けて乗り切って頂きたいと思っています。

その後、橋本社長とお会いしてお話ししました!

私がこの業界に入った時から、

ずーっと指導して頂き、お世話になっている方です。

いつも気に掛けて頂いており、励ましてくださいます。

奥様も含めて、「初亀」の方達は皆優しくて親切です。

だから「初亀」製品は、とても優しい味わいなのでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

初亀「亀」

地元、静岡県岡部町の銘醸「初亀」の製品の中で、

最も有名なのが「亀」です!

P1010009

「亀」の肩書きは「秘蔵大吟醸」ですが、

実際は「秘蔵純米大吟醸」です!!!

兵庫県東条町産の特Aの山田錦を35%精米し、

その年の状態で最も適していると思われる酵母を選んで醸し、

-7℃の低温冷蔵庫で3年もの間熟成させてから出荷されます。

その味は繊細にしてボディの強さを感じさせ、

単に「綺麗」な日本酒とは一線を画しています!

有名なだけに贈答品として引っ張りだこですが、

どちらかというと「自分飲み」用にして頂きたい品ですね。

和食はもちろんの事、洋食やデザートにも合わせられます!

機会がございましたら是非お試し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

初亀「中汲み大吟醸」

今年も造りの季節がやってきました。

この時期に出荷されるのが「中汲み大吟醸」。

俗称「斗瓶取り」です。

初亀の市販酒の中で、最も高価なお酒です!

それと、最も入手が困難なお酒です!

御希望の方は、お店にダッシュ!!!

P1010007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧