« 夕立ち | トップページ | 省エネ運転 »

2008年7月30日 (水)

判官贔屓!

今晩、プロボクシング世界フライ級の

ダブル・タイトルマッチが東京で行われました。

WBCはチャンピオン内藤大助VS清水智信。

WBAはチャンピオン坂田健史VS久高寛之。

両試合共、日本人チャンピオンに対して日本人挑戦者が挑む形です。

結果は・・・、

二人のチャンピオンが挑戦者を下し、

タイトルの防衛記録を延ばしました!

日本人同士のタイトル戦ですから、

部外者の私にとってはどちらが勝っても関係ありません。

しかし心情的には、最年長で、「いじめられっ子」だった

WBCの内藤大助選手を応援してしまいます。

(*^。^*)

いじめや貧困にも負けずに、努力で世界チャンピオンになった内藤大助選手。

「努力しても報われない」世の中にあって、

人々に希望を与えてくれます。

相手の清水選手は、先頃のTV番組で知ったのですが、

非常にきれいなボクシングをする若手のホープ。

いわばエリート、天才ですね。

これからの日本ボクシング界を背負って立つ逸材のようです。

ですから、余計にすんなりとチャンピオンになって欲しくありませんでした。

壁にぶち当たり、挫折を経験してこそ

心身ともに「強いチャンピオン」になれると思います。

いや、そう信じています。

その日まで、内藤大助選手には大きな壁となっていて欲しいものです。

頑張れ内藤!頑張れ金子!

(^O^)/

|

« 夕立ち | トップページ | 省エネ運転 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 判官贔屓!:

« 夕立ち | トップページ | 省エネ運転 »